光線治療は乳がんの手術の後



今日、日本での乳がんは女性がなるがんの中でもとても多くの人がなっています。

乳がんになるといろいろな問題がその人に与える問題は多いのです。

身体的な事では手術をした後の乳房の喪失・変形・疼痛があり、治療からは化学療法による抗がん剤治療や放射線治療から起きてくる吐き気や嘔吐・食欲不振・脱毛などの副作用、社会では休職・失業・家庭内での役割の変化、人生の意義に対しての考え方などがあります。

どれもが大きなストレスとなり精神的な負担は日常の生活だけでなく治療の面でも良くない影響を与えてしまいます。

そのような時に光線治療を受けることにより乳がん治療の手術・化学療法・放射線治療から起きてくる冷えや血行状態を光線治療の深部温熱作用や強力な抗炎症作用から体調を回復させて症状を改善させていきます。

乳がんで化学療法などを行ってビタミンDの状態が良くない時には光線治療を行いビタミンD改善をして予後の自然治癒力を高めながら手術によって起きる傷の治癒を早めるようにしていきます。

傷の痛みや転移などの場合の痛みの軽減を光線治療は光・熱エネルギーの深部温熱効果により症状の軽減につながっていきます。

乳がん手術をした肩のスムーズな動きに対しても光線治療は有効です。

また手術によりリンパ節を郭清するとリンパ浮腫が起きてくる時がありますが、光線治療は血行状態の改善とリンパ系の流れにも良い効果をあらわしリンパ浮腫の改善も期待できます。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top