光線治療のためのカーボンの組み合わせ



太陽光を用いた日光療法の代替として、現在では人工の光源を用いた光線治療が盛んに活用されています。

光線治療用の光源として、カーボン電極の先端をアーク放電させることで発生する光が一般的に利用されています。

この治療用カーボンから生まれた光は太陽光に類似した波長スペクトルをもつため、赤外線〜紫外線といった各光線波長がもつ治療効果と輻射による温熱効果を得ることができます。

  光線治療器フォトピーでの治療でも、光源としてカーボンを用いているため日光と同じスペクトルを再現することができます。

さらに、高純度のカーボンに微量の金属元素を添加して組み合わせることによって、お客様の様々な要望にこたえることが可能です。

光線治療器フォトピーに用いられるカーボンでは、これまでの知見から適切な材料が組み合わされ治療に適した光線スペクトルをお客様に提供することができます。

中でも日光に含まれる赤外線・可視光線・紫外線といった3種類の波長の光に注目をしています。赤外線は外傷の治療や血行を促進し、鎮痛効果を得ることができます。

一方、可視光線は自律神経の安定化に作用して、うつ病や神経症などの症状に効果があります。

そして、紫外光線はアトピーなどの皮膚疾患や、体内でビタミンDなどを発生させ免疫機能の強化に有効です。

さらに、各波長の効果を一度に利用するためカーボンの組み合わせを工夫した総合光線も光線治療器フォトピーでは使用できるため、日々の健康増進にも役立てることができます。できます。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top