光線治療の効果とその原理について



人間の生活にとって欠かせないもののひとつに太陽の光があります。

そして、日光を浴びることによって身体へのさまざまな効果が得られることを経験的に人は知っていました。

今では、原理として日光に含まれる複数の波長の光によって、複数の健康への効果が同時に得られることが分かってきています。

光線治療の原理とは、日光の役割を人工的な光源で代替し人体に照射することでそれぞれの光の波長に対応した健康増進の効果を得ることにあります。

  日光には主に3種類の波長の光があります。一つ目は赤外波長の光で、これは温熱効果があるため体内に深く透過し、血管などに作用して体温の上昇や血管を拡張させて血液の循環を促進します。

さらに、体温上昇による発汗を含め、体内の老廃物排出を促進する効果も持っています。

二つ目は可視光域の光で、眼から視交叉上核で光を受け取ることで気持ちをやわらげ、自律神経やホルモンバランスを安定させることができます。

三つ目は紫外波長の光で、体内でビタミンDなどの合成が促進し、免疫監視能力を高めることができます。また、紫外光には殺菌能力があり、皮膚などに付着した細菌を死滅させるなど解毒作用も持っています。

  このような日光を原理とした治療ですが、その効果を得るためには長時間日光に当たる必要があり、原理的に夜間は利用できません。

また、多忙な現代人の生活には適さない部分も存在します。そのため、現在は光線治療が広く活用されています。

その中でも、医療用カーボン灯を利用して日光と同じスペクトルを再現した光線治療器フォトピーは太陽光と同じ原理で治療効果を得ることができる光線治療です。

さらに、光線治療器フォトピーはコンパクトで卓上使用が可能なため、気軽に利用できることも現代人にとってのメリットです。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top