ノーベル賞を受賞した光線治療



光線治療は、日光に当たる日光療法に代わる治療法として、ヨーロッパから発祥しました。

何千年もの昔から、日に当たることは健康に欠かすことができないと言われてきましたが、日照時間の少ないヨーロッパでは太陽の代替として光線治療を考え付いたのです。

日に当たる心地よさは、言葉では言い表せませんが、これは体にいいことを自然に知っているからです。
そして1983年、デンマーク生まれのニールズ・フィンゼン医師は太陽光線と同じスペクトル光線を強力に放射するカーボンアーク灯を使用することで、不治の病とされていた難病を改善することに成功しました。

これによりニールズ・フィンゼン医師は、ノーベル賞を受賞し、その栄誉を称えられました。

治療法としてノーベル賞を受賞すると言うのは、とても珍しいことです。

光線治療にはそれだけの効果があると、ノーベル賞が教えてくれます。
日本には東大皮膚科の医師が光線治療を普及させました。
ノーベル賞を受賞した光線治療は、日本各地に皮膚科を中心として広がっていきました。

光線治療は、ただ光に当たるだけという、誰でも受けられる治療です。
寝ているだけでいいので、抵抗力の弱い赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢の人が受けられます。
ノーベル賞を受賞した効果は、体の中から血液の汚れを除去し、体質を改善するという目に見える形で現れます。

解毒する力も回復するので、体内にたまった毒素を排出し、免疫の力を正すので病気にならない体つくりができます。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top