光線治療における紫外線の役割について



自然の環境を利用した治療として、太陽光を用いた日光療法が古くより利用されています。

今日では太陽光に含まれる紫外線から赤外線までの様々な波長の光が身体に作用し、人体に有用な刺激を与えるためとされています。

しかし、このような日光療法はその効果を得るためには長時間日光に当たる必要があり、日中を多忙に過ごす現代人の生活には適さない部分があります。
そこで、人工的に紫外線などを発生させる機器を用いた光線治療が近年盛んになってきています。

  光線治療においては、日光に含まれる波長の中でも紫外線が特に重要な役割をもち、日々研究が進んでいます。
また、紫外線の中にも波長によってUVA,UVB,UVCのように区分がされており、光線治療ではUBAやUVBといった比較的長波長の紫外線が利用されています。

紫外線の人体への効果を見てみると、その効果は皮膚などの人体の表層部に作用するものと免疫監視能力などの体内に作用するものの二つに分けることができます。

まず、表面の皮膚に作用する場合にはUVB光線治療などがあり、紫外線を利用して白斑や乾癬などの皮膚疾患に有効性がみられています。

また、短波長の紫外光には殺菌能力があり、皮膚に付着した細菌を取り除く衛生面での有用性もあります。次に、体内に作用する場合には紫外線によってビタミンDなどの栄養素の合成が促進され、免疫監視能力を高めることができます。

  このような紫外線による光線治療の効果を簡単に得るには、医療用カーボン灯を利用して日光と同じスペクトルを再現した光線治療器フォトピーがお勧めです。卓上タイプのため、気軽に光線治療の効果を実感することができます。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top