光線治療による肩こり改善のメカニズム



最近では光線治療という治療法方法が注目を浴びています。

生物は光がないと育つ事が出来ないという理論のもと展開されている方法です。
光線治療の光刺激は太陽エネルギーを人工的に作り出したものです。
その光刺激は医療用として放射熱や明暗を調整する事も可能です。
それを肩こりに応用した治療法として光線治療が注目を集めています。
肩こりのメカニズムとしては、肩周囲にある肩甲挙筋や僧帽筋が姿勢の歪みやデスクワーク中心により血液の循環が悪くなることで肩や首の違和感・倦怠感が生じてしまいます。

従来の方法では、肩甲挙筋や僧帽筋を手で揉むと血液循環が改善するという理論で肩こりが改善されるとされていましたが、翌日には肩こりが改善されていないケースも多くあります。

この問題点としては、肩を揉む刺激は筋肉を伸ばす効果はありますが刺激が強すぎる事でさらに筋を緊張させてしまう事にあります。

光線治療では温かい刺激を入力する事で、筋緊張を緩和させます。また、太陽光エネルギーのある光を皮膚に投射する事で、皮膚細胞は活発となり柔軟な皮膚へと生まれ変わります。

柔軟な皮膚はその下にある筋や関節運動をより円滑にします。

光線治療では徒手的な治療法と違いセラピストの腕によるものではなくみんなが一定の効果のある治療を受けられるメリットがあります。

最近では光線治療により肩こりが改善された等の口コミも良く見かけるようになり注目度の高い治療法です。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top