新生児も使うことができる光線治療



光線治療は、古来から行われてきた日光療法を自宅で簡単に行うことができるという新しい治療法です。

日照時間の少ないヨーロッパが発祥の地で、カーボンを使うことで、太陽がなくても日に当たる効果をあげることができます。

光線治療はひとつだけでも効果がありますが、複数の光線治療の機械を使い全身照射を行う方法は、サンフォートピア療法と呼ばれ特に効果が高いことが分かっています。

光線治療は、寝ながら光を当てるだけという簡単な治療法です。
そのため、新生児からお年寄りまで幅広い年齢の治療が可能です。
新生児は黄疸が起きやすいですが、日光の代わりに新生児に光線治療をすることで黄疸が良くなります。
とてもデリケートな新生児ですが、光を当てるだけという治療の簡便さと、痛みを伴わないというメリットからこの治療法は広く普及しています。自宅で行える治療なので、生まれたばかりの新生児を病院で治療しなくてもいいです。

太陽の光には、体を健康にする力がありました。しかし、紫外線の影響などで母子手帳からも日光浴の言葉が消えました。

光線治療は、紫外線の心配なしに光の効果を得ることができる画期的な治療法です。光に当たることで、今までになかった解毒力や血行促進により、体の免疫機能を増進させることができます。

これにより、現在病気に悩んでいない人にも、より健康になるための方法として光線治療が注目されています。抵抗力のない赤ちゃんからお年寄りまで使うことができます。
光線治療について
分割払い、リボ払いにも対応
クレジット
マンガでわかりやすく解説
光線治療 豆知識
SNS
公式Twitterはこちら
枚方 健康 Blog
お店情報
サンライト枚方

大阪府枚方市茄子作北町1-3
電話  072-860-3337
営業時間 9:00〜19:00
E-mail sunlightshop@hb.tp1.jp
Top